FXにおける損切りについて

FXの基本は、外貨が安くなったら買い、高くなったら売るというものですが、これから高くなると考えて買ってはみたものの、実際には価格は下落してしまって、含み損の状態になってしまうということは多々あるものです。
初心者はすべてのトレードで利益を求めてしまうものですが、FXの経験年数が長いトレーダーほど、すべてのトレードに利益を求めるよりも、ときには失敗のトレードもあるのが当然だと考えて、そのときの損失をできるだけ少なくしようとするものです。

したがって、FXで利益を確保しようと考えるならば、失敗のトレードをしないに越したことはありませんが、たとえ失敗をしても、その損失を拡大させないために、上手に損切りをするということを学ばなければならないのです。



FXにおける損切りには、成行注文または逆指値注文が用いられますが、成行注文というのは、レートをチェックしながらその場で売買いずれかの注文を執行する方法であり、逆指値注文というのは、一定のレートに到達した場合には、不利であってもかならず注文を執行するように予約しておくものをいいます。
通常はすでにポジションを構築した段階で、あらかじめ数十銭程度の値幅で逆指値注文を入れておき、はやめに損失を確定させてしまうことが多いようです。



逆に、損切りばかりしていては利益が得られないため、ポジションの利益を確定する指値注文のほうは、損失を確定させる逆指値注文よりも、さらに広い値幅を設定しておくのがふつうです。

教えて!gooの情報が必ずあります。